ビュースター

内容量:350粒

際立つ耐病性・市場性・多収性抜群の秀品率でひかり輝くビュースター

・播種期

 【普通露地〜露地抑制栽培】4月播き・5月播き・6月播き・7月播き

 

・果実サイズ及び特徴:

 【果長】100〜120gで21〜22cm位

 【果形】肩から尻まで肉付きがよく、果揃いに優れた円筒形果

 【果色】濃緑色で条線等の発生はなく光沢にも優れる

 

・草姿および草勢:

 【主枝】茎は中太で節間は中位。

 【子枝】発生は早く、各節より中太枝が順次安定して発生する。

 【孫枝】全体的に力強い枝が安定して良く発生する

 【葉】濃緑色の角下〜丸型で中葉。立性があり受光態勢に優れる。

 

・耐病性:

 ウドンコ、カッパン病に極めて強い

 

・コート/生種:

 生種

 

・その他補足説明:

 【収量】果実肥大が早く、初期より収量も多い。枝の発生力があり、栄養成長と生殖成長のバランスがとり易く、悪条件下でも山谷の少ない多収型品種。

 

【雌花率】各節1果成り中心

 (4月〜5月播き)主枝:30〜40%、子枝:70〜80%

 (6月〜7月播き)主枝:20〜30%、子枝:60〜70%

 

【おすすめ台木】

 ウドンコ耐病性ブルームレス台木:胡座(あぐら)

 

特性

1.ウドンコ・褥斑病に極めて強い。

2.果色・光沢に優れ秀品率が高く、市場評価抜群。

3.果実肥大が早く、初期より後期まで安定多収。

 

栽培要点

・有機質に富み肥沃な排水の良い圃場を選ぶ。

・着果が良く、肥大の早いので、活着をスムーズにさせ、素直な生育をさせる。

・下位5節(畦上30㎝)までは、雌雄花、側枝を早め除去する。活着不良や草勢が弱い場合は10節位までの雌花を除去する。

・追肥は主枝雌花が開花肥大し始めを目安に行い、その後は遅れないように早め早めに行う。

・子枝は基本的には1~2節摘芯。孫枝以降は半放任とするが、混み合えば適宜摘芯する。

・枝の摘芯については、草勢を見ながら摘み過ぎ、摘み遅れしないように注意し、随時2~3本の生長点を確保しておく。